ミューノアージュ(MUNOAGE)の育毛剤の効能|1剤・2剤の役割や効果

ミューノアージュMUNOAGE

女性の髪の毛の悩みで、薄毛や白髪とともに多いのが、髪の毛が細いというものです。

 

細いからふにゃふにゃしていてハリがなくなってしまうのです。

 

従来の育毛剤は、とにかく髪の毛の量を増やすということに重点を置いていましたが、ミューノアージュ(MUNOAGE)の育毛剤は、ハリとコシのある太い髪への育毛を目指す女性のための新しい育毛剤です。

 

この目的のために、ミューノアージュ(MUNOAGE)の育毛剤は2つの薬剤で構成されています。

 

ミューノアージュ(MUNOAGE)の育毛剤・養毛剤の効能

1剤〜養毛料

ミューノアージュMUNOAGE

まず、1剤は養毛料です。

毛根内の毛母細胞を活発に作ることで、毛根を活性化させ、髪の毛の生える土壌を整える効果があります。

 

髪の元となる毛母細胞が少ない状態でいくら育毛成分を与えたとしても、しっかりとした丈夫な太い髪を育むことは出来ないと考えているためです。
特に、「オクタペプチド-2」という成分には、毛母細胞を活性化する強い力があります。

 

2剤〜養毛料

ミューノアージュMUNOAGE

1剤で頭皮の土壌を整えてから、育毛剤である2剤を使用します。

 

1剤で活性化した毛根に、育毛のための薬用成分を届けるのが2剤の役割です。

 

この2つの働きによって、効果的に有効成分を届け続けて毛髪のサイクルと合わせて薄毛・抜け毛を改善するのにアプローチしていきます。

 

 

また、1剤も2剤も自然由来を中心に配合された育毛成分を使用しており、アルコールや防腐剤・石油系界面活性剤も不使用です。

 

もちろん無香料・無着色ですので、敏感肌の人でも安心して使うことができますし、カラーリング後でも大丈夫です。


 

MUNOAGE


ミューノアージュMUNOAGE


ミューノアージュ・MUNOAGEの育毛剤特集

ミューノアージュMUNOAGE ミューノアージュMUNOAGE ミューノアージュMUNOAGE

関連ページ

育毛効果
皮膚科医監修のドクターズコスメ「ミューノアージュ・MUNOAGE」の女性の薄毛・抜け毛対策の育毛剤の効果について、配合されている自然由来の成分の働きについて解説します。